ラグーナテンボスの花火スペクタキュラ「ミスティ ノーチェ」2023年の日程は?おすすめ有料席とチケット販売はいつから?

蒲郡 ラグーナテンボス 花火 ミスティノーチェ 2023 日程 有料席 チケット 季節イベント(名古屋・犬山)
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ラグーナテンボスの花火スペクタキュラ「ミスティノーチェ」が2023年も開催されます。

ミスティノーチェといえば、花火と映像と光と音楽の圧巻のショー!
「花火だけ楽しめればいいや~」という軽い気持ちで行くと、びっくりします(笑)

見てみたいですよね♪

今回はそんな素敵なラグーナの花火ショー花火スペクタキュラ「ミスティノーチェ」の日程、おすすめの有料席とチケット販売、有料席が取れなくても花火を見える場所などについてまとめています。

ラグーナは名古屋から1時間くらいで遊びに行ける場所なので、ゴールデンウィークに素敵な花火ショーを満喫して見るのはいかが?

スポンサーリンク

ラグーナテンボスの花火「ミスティノーチェ」2023年の日程は?

花火スペクタキュラ「ミスティノーチェ」
日程 2023年5月3日(水・祝)~6日(土)
打ち上げ場所 ラグーナテンボス ラグナシア内 ルナポルト付近
打ち上げ時間 20:00~(約15分)
※雨天時は演出の一部が変更、荒天時は中止
打ち上げ数 非公開
予想来場者数 非公開
最寄駅 JR・名鉄「蒲郡駅」から無料シャトルバスで約15分
JR「三河大塚駅」から徒歩20分
車でのアクセス 東名高速道路音羽蒲郡ICから約20分
公式サイト https://www.lagunatenbosch.co.jp/lagunasia/entertainment/mystenoche/index.html
公式Twitter https://twitter.com/lagunatenbosch
公式インスタグラム https://www.instagram.com/lagunatenbosch/
備考 ラグーナへの入園料は必要

ラグーナテンボスの花火「ミスティノーチェ」の混雑具合

花火開演前と終演後が、非常に混雑します。

花火の上演時間に合わせてラグーナに来る人たちが多いので、駐車場やラグーナの入園口が混み合います。
混雑を避けたい場合は、日中はラグーナで遊ぶつもりで早めに到着するようにしましょう。

花火終演後は、花火終了後に帰る人たちが多いので、特に駐車場が混み合います。
ミスティノーチェの上演期間は、ラグーナの営業時間は22:00まで延長されています。
帰りの混雑を避けたい場合は、閉演時間近くまでラグナシアに滞在して、ラグナシアを満喫しましょう。
帰宅時間は遅くなってしみますが、駐車場の混雑を避け、落ち着いて帰ることができます。

せっかく遊びに行くので、1日ラグナシアを満喫する予定で行きましょう♪

ラグーナテンボスの花火「ミスティノーチェ」2023年有料席はどこがオススメ?

有料観覧席(1階席)BエリアまたはAエリア
価格 1,000円
おすすめポイント WEBチケットで事前予約ができます。
1階席はステージが近いのでショー全体を間近で満喫できます。
Bエリアがステージ正面に位置するのでイチオシ。
Aエリアも遜色はありません!
当日、チケット確保に慌てなくていいので安心♪
有料観覧席(1階席)Cエリア
価格 1,000円
おすすめポイント 当日販売されるエリア。
WEBで事前予約できなかった場合は、ここを狙います。
ただし早く売り切れてしまうので、購入する場合は真っ先に買いに行きましょう
有料観覧席(2階席)
価格 800円
おすすめポイント 高い位置に席があるので、全体を見渡しやすいです。
階段状になっているので、見やすくなっています。
当日販売される席で、早く売り切れます。
購入する場合は真っ先に買いに行きましょう。

ラグーナテンボスの花火「ミスティノーチェ」のチケット販売はいつからいつまで?購入方法は?

公式WEBサイトにて、2023年4月8日(土)10:00~事前販売されています。
WEBチケットで事前予約できるのは、1階の有料観覧席(Aエリア・Bエリア)です。
座席指定できるので、希望の場所がある場合は、お早めに♪

当日席ってあるの?

当日席あります。
早い時間に満席になってしまうので、確実に見たい場合は早めに買いに行きましょう。

価格 1階席1,000円
2階席800円
1階ベンチ席500円
購入方法 販売場所/当日販売
・9:00~11:00 グランシップ スーベニール
・11:15~17:30 インフォメーションセンター
・18:00~20:00 有料席販売所

スポンサーリンク

ラグーナテンボスの花火「ミスティノーチェ」有料席以外で花火の見える場所は?

有料観覧席の確保ができなくても、ラグーナ内であれば、ミスティノーチェを楽しむことができます。
また、花火だけであれば、駐車場などラグナシアの外から花火を見ることができます。

  • ラグナシア内 ルナポルト周辺

打ち上げ場所であるルナポルト水辺周辺から鑑賞します。
舞台に近いのでショーの迫力を楽しむことができます。

  • 入口ゲート(宮殿)2階

花火が正面に見え、全体が楽しめます。
ただし人気の場所なので、早めの場所取りが必須。

  • 駐車場(ラグーナビーチ、フェスティバルマーケット)

ショーは見えませんが、花火を見ることはできます。

ラグーナテンボスの花火「ミスティノーチェ」の駐車場情報

無料駐車場はありません。
ラグーナテンボスの駐車場はいくつかあります。
1日滞在するなら、ラグナシア駐車場がおすすめです。

有料駐車場

駐車場名 料金 備考
ラグナシア駐車場 5月3日(水・祝)~6日(土)は1,500円(1台)
  • 約1000台
  • 長時間滞在するならここ。
  • 再入庫不可
  • 満車時は係員が臨時駐車場を案内
フェスティバルマーケット駐車場 100円(20分)
最初の1時間は無料。2,000円以上の利用で、さらに2時間無料。(最大3時間無料)
  • 約880台
  • ショッピングがメインの場合や短時間の滞在ならここ

まとめ

ラグーナテンボスの花火スペクタキュラ「ミスティノーチェ」を見に行くのに、事前に知っておきたい情報は下記の通りです。

  • 開催日:2023年5月3日(水・祝)~6日(土)
  • 開催時間:20:00~(約15分)
  • 打ち上げ場所:ラグナシア内ルナポルト付近
  • 有料席:事前予約できる1階席がおすすめ
    当日券ある(2階席もあるよ)が、売り切れるのも早いので買うならお早めに。
  • 駐車場:1日ラグーナを満喫するならラグナシア駐車場
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ねねここ

名古屋生まれ、名古屋在住。気がついたら年齢が40代になっていた名古屋っ子女子。愛すべき地元名古屋の新規店舗情報を発信しながら、日曜日に愛知県犬山市にある「博物館明治村」の謎解きに参加しております。明治村には10年くらい通っています。自分でもびっくり!名古屋も犬山も大好きだヽ(^。^)ノ

ねねここをフォローする
季節イベント(名古屋・犬山)
ねねここをフォローする
名古屋・犬山の新規店舗情報&明治村で謎解きを楽しむ日曜日

コメント

タイトルとURLをコピーしました